カテゴリ:イギリス2015①( 10 )

ザ・ルーフガーデン

ハイストリート・ケンジントンにある屋上ガーデン
ザ・ルーフ・ガーデン”に行ってまいりました。

実は数日前に一度来たのですが
貸切のイベントの最中で(>_<)ビルの中へ入ることができず・・・

ですがガードマンの方が(*すっごく大きい黒人の方で、ドキドキしたのですが)
“日曜日なら見られるよ”・・みたいなことを言っていた(ような気がした^^;)ので
d0179410_673381.jpg
再び訪れたところ
今回はどうぞどうぞ~という感じで♪良かったです^ ^

場所はハイストリートケンジントン駅の(たぶん)隣りのビルですが
入り口がハイストリートに面していないので
(グーグルで検索しながら行ったのに〜)ちょっとわかりにくい場所でした。

*↓これは屋上のドアの写真です。
d0179410_615365.jpg
中に入ると受付で名前と時間とeメールアドレスを書かされますが
それさえすれば誰でもエレベーターに乗せてもらえます。

屋上なのにね~~^ ^構造物も含めて凝った作り!
d0179410_6471840.jpg
リゾート地の雰囲気?のガーデン
d0179410_7393083.jpg
↓アラビアンナイト??に出て来そうじゃないですか。^^
d0179410_6161513.jpg
d0179410_77368.jpg
d0179410_730943.jpg
“和のようなところもあって、池には“ツル”や水鳥がいましたよ~*屋上なのに・・
d0179410_7175655.jpg
いろいろな所を観て感じたのですが
イギリスでは“外で過ごす”というのが当たり前で
公園に限らず気持ちの良い場所がたくさんあるのです。
うらやましいなあ〜〜〜〜と思いました。







ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったらスミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-29 05:55 | イギリス2015① | Comments(0)

パトリックブランさんの壁面植栽

パトリックブランさんの壁面の植栽を観察しようと^^
Athenaeum Hotel へ行ってきました。
これ、読み方が“アテナエム”なのか“アセナム”なのか??
なので、そのまま書きますね^^
d0179410_3382731.jpg
想像していたよりも
実際ずっとずっと迫力があって〜〜
すばらしかったです!!

まずは行き方です♪
Athenaeum Hotel はグリーンパーク駅からひたすらまっすぐ
400mくらい歩くとあります。
↓グリーンパーク駅は出口がいくつかあるのですが
私が出たところは右隣りにHSBC銀行がありまして、その方向にまっすぐ行きます。
*余談ですが出口を出て反対の左方向へ行くと
 リッツホテルやフォートナムメイソン、
老舗の本屋さん“ハッチャーズ”(ガーデニング関係の本も多数)もあります*

駅を出て右方向へ行くと日本大使館が^ ^まさかの時はココ↓なーんて笑
d0179410_3594638.jpg
さらにまっすぐ行きますと・・
おおおーー!!という感じで~~視界に入ってきますので・・
d0179410_4351915.jpg
d0179410_552232.jpg
ホテルの入口のサイドはカフェかしら?ここでゆっくり眺められたら…
*小一時間も上を向いていると首が痛くなってきました^^;
d0179410_484544.jpg
ではではアップにしてみましょう!まず正面から。
ユーフォルビアのオーレアが所々大活躍です。
オーレア系はツルハナナスがたくさん使われてました。
ピンクはフクシア
d0179410_5181355.jpg
↓濃いピンクはへーべ。こちらでは大きく育つようです。ちょうど花時。
サンブカスヤツデが効果的!
d0179410_5352858.jpg
↓所々にあるかわいいピンクの花が??なんですが…どなたかわかる方。
ラベンダーはこれから出番ですね。
カレックスのようなシルバーの葉はアステリア。半日陰に地植えで冬越しOK。
ただ東京の夏がどうか・・ロンドンの園芸店ではよく見かけます。
d0179410_5391145.jpg
下の方はホスタカレックスや・・もっと下はシダ類、こけなども。
一番下は水が下垂れているほど。
d0179410_691729.jpg
今度はかなり上↓アジサイも咲いてましたよ〜
*拡大して探してみて♡
d0179410_6112329.jpg
それにしても枯れてしまって隙間になっているところがない!!
メンテナンスはどのくらいやっているのかしら^^;ねえ〜〜
d0179410_613532.jpg
…と、あまりにも完べきな姿に脱帽な〜私でした〜〜^o^





ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったら~スミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-26 03:31 | イギリス2015① | Comments(2)

ダンピアソンさんの庭②

ロンドンに戻ってから3泊してからハマースミスのHotelにお引っ越ししました。

そのハマースミスの駅から歩いて行かれるところにある
マギーズ・ウエスト・ロンドンという、NPO法人のお庭も
ダンピアソンさんのデザインということで
見に行ってまいりました^ ^
d0179410_621184.jpg
チャーリング・クロス病院の敷地内にある、めちゃめちゃ目立つ赤い壁がそうです。
近づいてみますと…

この壁に見えるのはなんと塀で
黒く見えている部分は
塀が窓のように四角く切り取られているんです。
d0179410_6242813.jpg
もっと近づくと中に木が植えられているのが解ります。
つまり赤い塀の向こう側は中庭ということ!
その奥にガラス戸があり、そこからが室内なのですが
建物と庭とが一体化した作りがすごく面白い〜〜
d0179410_6282579.jpg
“何気ないふつうの植物”で見せ場を作っているところがすごいです。
d0179410_6423211.jpg
図々しくも、中に入らせてもらい
写真撮影をお願いしたら快くOKしてくださいました。

室内からお庭を見たところです↓
d0179410_6465373.jpg
中庭が3つもあるとは…
d0179410_6545765.jpg
どういうNPOか私には??なのですが
病院関係であるには違いないので
訪れた人に癒しと元気を出してもらうために作られたのでしょうね^o^
d0179410_774694.jpg

****
もう〜〜〜!!!夜中に部屋のサイレンが5回も鳴って
全然眠れなかったんですけど〜〜〜
文句は言ったけどノープロブレムって!?どゆこと??

眠いよ〜〜~_~;




ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったら~スミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-25 06:03 | イギリス2015① | Comments(0)

ダン・ピアソンさんのデザイン植栽

ちょっと飛びまして7日目。ロンドンに帰ってきた翌日の話です。
日曜日ですので朝からコロンビアロードフラワーマーケット↓に出かけまして
(またそのことは詳しく・・^^;)
そのあと、足を延ばして・・
d0179410_2443631.jpg
都会のど真ん中にある、ダン・ピアソンさんの植栽のお庭を見に行った時のことを書きますね。
*ちなみにダンピアソンさんとはチェルシーフラワーショウで何回も受賞し
日本では十勝千年の森のメドウガーデンを手掛けた方です^^

コロンビアフラワーマーケットからレイバー&ウェイトというこだわりの雑貨のセレクトショップに寄った後、そこからほど近い
ショーディッチ・ハイストリート・ステーションBus Stopからバスに乗って
セント・ダンスタン・インザ・イースト チャーチガーデンへ向かいました。
d0179410_2501142.jpg
場所はというと
ロンドンブリッジとロンドン塔の真ん中辺りのところです。
↓バスを降りて見上げるとこんな景色です。古いものと新しいものの混在!
東京でいうと、新日本橋・人形町あたりのイメージ?かな^^
d0179410_372862.jpg
で、ビルの間の細い路地を入っていくと・・
d0179410_383017.jpg
すぐ見つかりました^^
St.Danstan In The East Church Garden

セント・ダンスタン教会は西暦950年に建てられのですが
1067年の大火の後、建て直されてその時に
庭の部分がレイアウトされ、それからオープンスペースとなったということです。
*必死で訳しました(笑)

↓ダンピアソンさんが数年前に植栽のデザインをされたという情報なのですが
*もし違っていたらすみません。
d0179410_325367.jpg
ここだけ時間が止まっているかのようななんとも言えない感じ・・
d0179410_413228.jpg
神聖でちょっと重たくもあり、でも何だろう?新しさも感じるのです。
d0179410_494530.jpg
けっして植物は前に出ず、でもなくてはならない存在というか・・

珍しい植物があるとか、そういうのではないのですよ
でもなんだか、ものすごく好きです、私^^
d0179410_4141781.jpg
都会の庭にとっての大切なことを
d0179410_349155.jpg
学ばせていただいた・・
そんなお庭でありました^^

そしてダンピアソンさんデザインのお庭めぐりはまだまだ続くのです・・






ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったら~スミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-24 02:38 | イギリス2015① | Comments(0)

やっとバイブリ―

4日目の続きです。
バーンズリーハウスから次に向かったのはバイブリ―という村です。
時間にしたら10分もかからないのですが
何しろバスの本数が少なく~_~;
次のバスが16:04という!結局バーンズリーハウスに3時間もいたのです^^;
d0179410_610865.jpg
で、乗ってきたバスと同じバス停に向かったのですが
前にも書きましたが*バス停の目印となるものがなく
この辺かなと思う場所で立っていると
案の定〜私を通り過ぎ^^;10mほど先に停まりましたよ~(笑)
d0179410_713424.jpg
なんとかバスに乗れたものの・・*またまたやっちゃいました〜
一つ手前のバス停で降りてしまったのですぅ、ああ、地方バス難しすぎる(>_<)

という訳でカートをガラガラ引いて^^;
バイブリ―のホテルまで15分くらい歩きました。
でもまあそのおかげ^^バイブリ―までの素敵な家やお庭をじっくり見られましたが↓
d0179410_7173783.jpg
スワンホテルの近くになるとびっくりするほど人が多く…

なるほど…ここは観光スポットなのだな、と。

(奥にちらっと見えるのがスワンホテル)
d0179410_721558.jpg
14世紀の街並み、アーリントンロウ。
d0179410_7332637.jpg
バイブリーはウィリアムモリスが「世界で最も美しい村」と称賛したことでも有名だとか。
d0179410_722233.jpg
宿泊したスワンホテルです↓
なぜスワンなのかと思ったのですが↓いたいた♩この子たちのことか^^

d0179410_7102259.jpg
コッツウォルズ地方を代表とするホテルに*思いきって…*
こんなかわいいお部屋は初めてです。窓からの眺めも申し分ない〜〜
d0179410_7394477.jpg
朝食のテーブルにさりげなく、多肉のゴーラムが飾られていて♡^o^
フライドエッグ、ひとつにしてもおしゃれです。
d0179410_741840.jpg
もうーコッツウォルズは夢のような世界でした〜〜

翌日はボートンオンザウォーター→ローワースローターへ行ったのですが
その話は後ほど…(*ずいぶん経っちゃったのでね)
次はロンドンでのことを書こうと思います(^o^)



ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったら~スミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-23 06:47 | イギリス2015① | Comments(0)

バーンズリーハウスへ

Wifiの通信速度が非常に遅くラインも×ですしブログのUPもとっても時間がかかります。
なので^^;ずいぶん前の話になってしまいましたが

イギリス4日目。
テッドベリーのホテルをチェックアウトしてホテルの目の前のバス停(写真・左上)から881サイレンセスター行きに乗り・・(途中ケンブルというひっそりとした電車の駅にも停まります・写真右上)
そしてサイレンセスターから885ノースリーチ行きに乗り換えます。
行き先は憧れのバーンズリーハウスです。

↓バスの中にはワンコや♡ おばあさんたちもたくさん乗っていて
気軽に話しかけてくれて楽しい時間を過ごしました。イギリスのおばあさん好きだなぁ^^
d0179410_4382217.jpg
それにしても驚いたんですけど、イギリスの地方路線バスって
バス停がないところが多いということ!それだけじゃなくて、バスのアナウンスもないんですよ。
なので、途中で降りたり、乗るのはものすごくたいへんなのです!

で、この時はワンコの飼い主のお兄さんが“バーンズリーハウスだったらココだよ!”って教えてくれて
慌てて降りることになったのですが。

しか〜し・・・
降りたところで、バーンズリーハウスの“”の字もなく
尋ねる人はいないし、おまけにWifiも使えない状態で(>_<)どうしようかと。

道に小っさな看板だけがあって(↓写真左上)ここへ行けば誰かきっといる。行ってみるか、と。
すると、すると…
d0179410_15272598.jpg
この先にはいったいなにがあるの~?と思わせるような、何?このわくわく感!
素敵な小道を奥へ奥へと引き込まれて行ったのです。

ふと見ると(写真左下)コテージの名前が“ROSEMARY VEREY”って!?
ということは、まさか・・いや、そうでしょう。絶対そうだ!
d0179410_15315221.jpg
藪の透き間からBARNSLEY HOUSE が見えてきたのです。
*わたし、裏から来てしまったということです、ははは^^;
↓す、すごい〜凄すぎます。
d0179410_153597.jpg
あの有名なキングサリとアリウムのコラボは
残念ながらもう無くなかったのですが私は大満足です。
d0179410_16165845.jpg
いろんなところにガーデナーさんの工夫が伺えます。
スウィートピーと色を合わせた、サンゴミズキの支柱。
d0179410_2312850.jpg
センペルも幸せそう^ ^
イギリスへ来て特に思うけど多肉って同じものが寄り添ってるところがいいね。
d0179410_3305856.jpg
写真右下↓こっちが正面入り口だったのね^^;まあ、隅から隅まで見ることが出来たからいいけど(笑)
柵の外を牛が歩いていましたよ〜〜びっくりしたなもう〜
d0179410_3422956.jpg
突然伺ったのにランチもいただくことが出来て幸せです!
メニューが???だったけど、アスパラガスだけは聞き取れたので…(笑)
d0179410_166958.jpg
ホントにいつも同じ格好過ぎてね…あっ、サリーちゃんと呼んでくださっても結構です^^;

このあと、宿泊するバイブリーまでまたバスで行くのですが、またこれが……

続きはまた!



ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったら~スミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-20 15:23 | イギリス2015① | Comments(0)

テッドベリー

ケルムスコットからタクシーでテッドベリーのホテルまで
距離にして27マイル、40分くらいだったので
当たり前なのですが、タクシー代がけっこう掛かってしまいました。
ですがハイグローブガーデンの時間もぎりぎりだし
スウィンドン→そこから電車でケンブル
→で、またタクシーでテッドベリー・・という
面倒くささを考えたら、まあ良しとしよう~^^と思ったり・・
いやーひとり旅はお金が掛かります。

↓夕方は静かでしたが昼間は車が多くその上めっちゃ飛ばすので
道を渡るのが怖かったです^^;
d0179410_5511877.jpg
↓泊まったホテル、The Ormond At Tetbury
1階は通路をはさんで左がパブで右がラウンジ
通路の先にはおしゃれな中庭がありました。昼間はカフェ、夜はパブになるのです。
で、パブの人がレセプション(フロントの意味)も兼任しているという^^;
“帰りが遅くなったら、ホテルの方のドアを自分で開けて入ってね”と、言われ(汗)
いろんなことが初めてで、面白かったです^^
ハイストリートに面したお部屋で♪このホテルも気に入ってしまいました。
d0179410_435474.jpg
チェックイン後、部屋で一応*おめかし*(いつものワンピースですが笑)
ハイグローブガーデンの往復のタクシーを頼もうとツーリストインフォメーションにでかけました~♪
しかーし(>_<)
な、な、なんと4時半までだったみたいで~閉まっていたのです!!

*↓テッドベリーの街もかわいい花飾りをしているお店が多いです*
d0179410_7131849.jpg
それならと、ホテルのレセプションの(と、いうかパブの)女性に
タクシーを探してもらい、なんとか見つかったのですが
運転手さんに「往復は無理」と言われ・・
もぉ~仕方がないので(涙)片道だけでお願いしました。

↓下の写真はハイグローブショップ。ホテルの斜め前でギリギリ入ることができました。
さすがロイヤル~~という感じ。品のある?グッズやお菓子などがあり
ついつい、いろいろ買ってしまいました^^;

実はハイグローブガーデン(チャールズ皇太子のお庭)は
このハイグローブショップのすぐ隣り辺りなんだろうなと、勝手に思い込んでいたのです。
HPのどこにもガーデンの所在地が載っていなかったし・・
チケットが届き、同封のお手紙に場所の目印が一言書かれており
だいたいの場所がわかったというわけです。
d0179410_6283519.jpg
またお手紙には注意事項も書かれていました。
*カメラ、携帯電話もの持ち込みは禁止*
・・それって、私みたいにひとりで、しかもタクシーで来るものにとって
 めちゃめちゃ不安なことなんですけどね。
いや、たぶんそういう人はいないんでしょう、きっと。

ってことで・・
掟をやぶるわけにいかないので*英国王室を信じ*
泣く泣くホテルに携帯を置いてきましたよ。

↓写真・上左はセントメアリー教会
テッドベリーはアンティークショップをはじめ、おもちゃ屋さん、洋服屋さんなど
お買い物も楽しめる街でした。
d0179410_403084.jpg
タクシーで目印まで行くと、警察の方が“カナザワ・サンネ、OK”・・と
にこやかに(*何かすごく嬉しかったんですけど~)通してくれました。

建物の前に着くと、もうホントウにロイヤルな(?)雰囲気の女性がいらして
“あと、少しお待ちくださいね”*みたいな英語で、中に。
6時の回の25人が揃うと、女性のガイドの方が登場
コンサバトリー的なテントのような所へ移動し
チャールズ皇太子のごあいさつのDVDを拝見しました。

その後、2時間ほど、広い広いお庭を巡ったのです。
お庭は・・と言いますと、そう、ひとことで申し上げますと
“今まで見た中で一番、楽しくて楽しくてたまらない!…”
そんな気持ちになったお庭でした^o^

↓アンティークショップがいっぱい。車で来なきゃ、ですね〜〜
d0179410_7344035.jpg
↓ガーデニン関係の物がたくさんあるお店も。
あー近かったらな〜〜

そうそう、書き忘れるところでした!見学後、タクシーを呼んでいただけないでしょうか?とガイドの方に申し上げたところ
驚くことに「私の車で送ってあげますよ^ ^」と…(泣)
Hotelの前まで送ってくださったのです!
ああ、なんて良い方・素晴らしすぎます、ハイグローブ!
このご恩は忘れません。イギリスがますます好きになりました。
d0179410_4283051.jpg




ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったら~スミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-20 01:43 | イギリス2015① | Comments(2)

ケルムスコットの村へ♪

イギリス三日目の朝はパディントンから列車に乗ってスウィンドンへ。
目的地はケルムスコット。電車もバスもないところです。
というわけで、タクシー予約をしておいたのです^_^
でも実際駅前はタクシーだらけで…

↓*列車のチケットはネットで。
朝などチケットオフィスが混んでいるので時間に余裕がなければこの方法!コピーだけで乗せてもらえます。
…一時間でスウィンドン到着^ ^
d0179410_4561050.jpg
ところが、スウィンドンの駅前のタクシー会社が、ない!!
近くにいた他のタクシー会社のおじさんに“どこですか”と片言で聞くと
“ブッキングは?電話してみたら~?”と。*もちろん英語です。
「私、英語話せないんですぅ」*これくらいは英語で言えます(笑)
すると・・
「携帯、貸して^ ^」…と、ご親切に予約したタクシー会社に聞いてくれたのです。
で、結局
二回もメールしたのにブッキングされてなかったそうで〜 *返事がこないはずです*
まあでも、すぐにタクシーは来てくれて、運転手さんもいい方でしたし・・
d0179410_14423592.jpg
さてさて、そこから40分。ケルムスコットとはウイリアムモリスが住んでいた家がある美しい村です。
(↑図を参照)
モリスの家(ケルムスコットマナー)の見学も予約制になっていて
(*…ってHPには書いてあったけどみんなチケット売り場で買っていました)
私は2時からの回なのでそれまでゆっくりお庭や村を巡りました。
そうそう、ティールームやショップの後ろにはテムズ川が流れているのですよ。
(*Facebookに載せた私の後ろの川)

↓こちら、メインゲート。タクシーはここで降ります。*お迎えも。
カートはすぐに係りの方が預かってくれました。みんな優しい♩
d0179410_1342130.jpg
ケルムスコットマナー 見学者はここのドアから中へ。
対のバラのスタンダード仕立て。ぎっしりではなく気ままに?咲いているところが好き。
d0179410_23554284.jpg
こちらはビッシリとツルアジサイ、お見事。うちのいつ咲くのだろう・・と思ったり^^;
d0179410_722268.jpg
そう↓ここで私はピーターラビットのような野うさぎを見たんですよ。すぐ隠れて逃げたけど^ ^いかにもいそうな場所でしょう~?
d0179410_072441.jpg
↓すごく目立つわけではないけれどおしゃれな花や実。まだまだありますが代表して〜
d0179410_17463695.jpg
↓朽ちそうだったりするけどこういう物が安らぎますね。
*写真左下は石の塀。
d0179410_17531511.jpg
ガーデンコテージなどもすごくいいのです。
あっ、左下はご近所のわんこ。こっちのワンコはみんなお利口で飼い主に忠実。吠えないのがすごい。ちょっとナオくん見習って^^;
d0179410_0113111.jpg
MORRIS MEMORIAL HALL ではクラフトフェアをやっていました。
中で手芸をされながら販売しているのです。私は手芸の古本をGet ^^
みなさんにこやかで・・^^ 
d0179410_1431535.jpg
お昼はティールームでいただきました。ラザニアが人気のようでしたが時間がかかりそうだったので私はサラダとキッシュを♪
すごく美味しかったですよ~外のテーブルでいただいてもよかったな、風が気持ちいいし。
d0179410_1343105.jpg
そしてやっと2時の回。ああ、ここに本当に、来てよかった〜と思いましたよ。
テキスタイルと家具とのコーディネイトのすばらしさと言ったら・・
d0179410_14102171.jpg
d0179410_13583596.jpg

そしてあっという間、3時ぴったりにタクシーが迎えに来てケルムスコットから→(*ぜいたくに)TETBURYへ。5時半からチャールズ皇太子のお庭の見学です。ハイグローブのチケットを入手してから他の予定を組み立ててきたほど行きたいお庭。でもいったんHotelでお着替えしてから行きます。写真撮影禁止ですがその話もまた書きますね〜〜




ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったらスミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-19 13:27 | イギリス2015① | Comments(0)

ノッティングヒルからクリフトンナーサリーへ

今度の旅の目的は“おしゃれなガーデニングのシーンをたくさん目に焼き付けよう”ということなので
*時差ぼけで眠いのですが〜^^;
とにかくズンズン歩いています。

それで今日は〜
前々からやってみたかったあれ〜(笑)
世界ふれあい街あるき”のまね♪(*逆ルートだけど)
ホテルのあるノッティングヒルゲートからパディントンの近くのWarwick Avenue まで
距離にすると2.5km(*たいしたことなかったね!)を街並みを見て歩きました。
d0179410_5194765.jpg
ちなみにTVで放映されていたルートですが
一部、危ないんじゃない?と思われる場所も含まれていたので
ストリートビューで街の雰囲気をよーく見まして~
比較的安全そうなベンブリッジロード(A426)という大きな通りを真っ直ぐ歩き
ウエストボーンブリッジを渡る、というルートにしました。

↓そのベンブリッジロードというのはガイドブックに載っているお店が結構ありまして
所々、お店に入ったりもしました。*あっ、入る時は必ずハロゥ〜って言うんですよ。
目が合うとたいがいニコッとしてくれます^ ^
↓チョコレート専門店Artisan Du Chodat で。試食をさせてくれたのでついアイスクリームも食べてしまった^ ^
d0179410_244140.jpg
左・プラネット・オーガニック。今日はリンゴを買いましたよ^^
*こっちのリンゴはパクッと食べられちゃう大きさです。オーガニックだから皮ごと。
右・ペーパーウェイト。おしゃれな文房具と雑貨のお店。
d0179410_551624.jpg
下の↓ロンドンバスが曲がろうとしている先がウエストボーンブリッジです。
その橋の付近は交通量が多い!片側しか歩道がなく、人は私だけという…そういう意味でちょっと怖かったです^^;唯一、早く通りぬけたいと思った場所でした。

でも、渡ってしまうと雰囲気が一変。また素敵な住宅街なんです。
*“雰囲気がガラッと変わる”ロンドンはそんな場所が多いですね。
d0179410_5223444.jpg
そしてその先がついにやって来た“リトルベニス”!
*TVでもやっていたけど、少し歩くとパディントン駅の出口の前なんですよ。
都会の中でもいきなり癒しの場所があったりします。
d0179410_5314275.jpg
ウォーターサイドカフェ♪よい感じです~~
d0179410_539017.jpg
写真左・小さな橋を渡るともうウォーリックアベニュー、クリフトンナーセリーの最寄り駅♩
写真右はウォーリック城というパブ。
前にこの辺で迷ったことがあるので^^;懐かしい〜
春夏バージョンの植栽が華やか〜
d0179410_722417.jpg
↓ウォーリィック城のほぼ裏?にあたるのが
目的地クリフトンナーセリー!!
d0179410_6523130.jpg
クリフトンNのことは今度また。
・・列車がホームに来ました(^o^)/



ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったらスミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-17 08:40 | イギリス2015① | Comments(2)

ノッティングヒル

ロンドンには12時間かかって*遠い~^^; 着いたのは午後2時前?
空港からパディントンまではヒースローエクスプレスで
そこからホテルまではタクシーに乗りました。
*荷物が重くてね^^;
こちら↓が今日明日と、コッツウォルズから帰ってからも宿泊する
ホテル・ジ・アビーノート・ノッティングヒル
(ノッティングヒルゲート駅から徒歩5分くらい)
d0179410_6294631.jpg
フロントの方も親切でしたしお部屋もとってもかわいくて、よかった。
気に入ってしまいました~^O^

コンサバトリーがなんと地下にあるのです。
日が射しこんで明るくて素敵。*いいなあ、こんなつくり・・
明日の朝食が楽しみです^^
d0179410_6494049.jpg
ひと休みしたので4時を過ぎていたのですが
ノッテティングヒルの街をお散歩することにしました。

いやーやっぱりおしゃれ~~
アンティークショップも多く所々のぞきながら歩きました。
でも早々店じまいするところが多く・・また出直そうと思ってます♪
d0179410_6541231.jpg
OH~~*どうせなら英語で(笑)こんなところに多肉発見!
アガベ黒法師
d0179410_79618.jpg
行きたかったディルズフォードオーガニックノッティングヒル店へも・・
小さなイチジクモモを買いました。
あれだけ機内食を食べたのにお腹が空いていたので
2つとも歩きながら食べてしまいましたよ~
d0179410_7143878.jpg
夕方だったからか、お散歩をするワンコが多かったです。
かわいいので Can I take a picture ??と言いまくり
ワンコを撮らしてもらいました^^
d0179410_6405122.jpg
d0179410_6461432.jpg
そんな感じのロンドン1日目でした。

Wihiがどうも良くないみたいでなかなかUPできなく・・
もっと写真をあげたいのですが、今日はもう寝ることにしまーす^^


ブログランキングに参加しております。
(^。^)応援よろしくお願いいたします。
下をポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村も・・
コチラも↓よかったらスミマセン!!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2015-06-16 06:29 | イギリス2015① | Comments(2)