カテゴリ:オランダ・ベルギー( 7 )

5日目・アントワープのすてきなshop♪

5日目は1日アントワープの街をいろいろ見てまわりました。
マルクト広場の「ブラボーの噴水
d0179410_1983178.jpg
アントワープはカフェやレストランの数が多く
それがみんなおしゃれなんです。
何かセンスがいいんですよ~~^_^
d0179410_19192752.jpg
左上の写真は聖母大聖堂ベルギーで一番大きなゴシック教会。
ルーベンスの傑作を鑑賞しました。

↓レストランのコンテナの植栽。
建物と柵とコンテナの色が統一されているからすてきなんだな・・
d0179410_19203232.jpg

こちらはオランダ・ベルギーに数店舗ある
ヨーロッパ的デザインの雑貨屋さん↓
みんなお土産を買いまくりました(笑)
DILLE & KAMILLE
d0179410_19443953.jpg
↓露店のお花屋さんのブーケ。
日本でもおなじみの花が使ってありますね。
これ大きいけど、ふつうサイズなんでしょうね^_^;
d0179410_19465088.jpg
そしてとうとう最後の夜です・・

またまた吉谷先生が
いい雰囲気の隠れ家レストランを発見され
連れていってくださいました。

狭~い路地を入って・・
d0179410_19252158.jpg
奥へ奥へとキョロキョロしながら行くと・・
まあなんて素敵~~!
d0179410_19254229.jpg
↓地下へ続く不思議な階段がありました。
そこを降りると・・
d0179410_0174277.jpg
グリルレストランESTRO ARMONICOという
ベルギー料理のお店でした♪
Vlaeykensgang Oude Koornmarkt 16
Pelgrimstraat 6 2000 Antwerpen
tel  03-226 08 90
d0179410_19361192.jpg
あんなに美味しいラムのグリルは
初めていただきました~♪

・・しかしこのようなところを
歩いていて
よく見つけられたものです^^;
何から何まで、
本当にすご過ぎます吉谷先生・・
d0179410_19483361.jpg
7日間楽しい旅行でした(^O^)
皆さま、お世話になりまして
本当にありがとうございました!!



ブログランキングに参加しています。
↓応援クリック、よかったらお願いいたします。

ツバメのマークをポチっと押していただけたら嬉しいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村も参加することに致しました。
コチラも↓よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました!!
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2012-06-16 00:05 | オランダ・ベルギー | Comments(2)

4日目のディナー・アールド・パラダイス

最後から2番目の夜は
吉谷桂子先生主催のフェアウェルディナーが行われました。
d0179410_0264190.jpg
アントワープのホテルから
バスに揺られて一時間以上‥
牛さんと羊さんしかいないような
牧草地帯を通りすぎ‥
「一体、私達はどこへ連れていかれるの~~?」って(笑)

‥で、着いたところは
アールド・パラダイス ’t Aards Paradijsという
野菜やハーブ、フルーツのお庭に囲まれた菜園レストランです。

もう~なんて素敵な☆☆
お店の名前通りパラダイス\(^o^)/

数年前、こちらに吉谷先生が撮影にいらした際、
とても素晴らしく気に入られて
このたびのツアーに組み込んでくださったのです。

“このようなすてきな場所に連れてきてくださって、ありがとうございます!”
d0179410_0271197.jpg

まずはお庭でカンパーイ♪♪
d0179410_0282359.jpg
シェフのルーテンスさんが育てた
取り立てのお野菜でお料理されるのです!

↓厨房の中も見せていただけました。
お若い職人さん方。
d0179410_0293541.jpg
ほかのお客様が見える前に
お店の中をじっくり拝見♪
d0179410_0311656.jpg

d0179410_032129.jpg
写真左上、
ハーブの苗についている泡のようなものは
アミューズのマカロンです。
カマキリの卵じゃありません(笑)
ビックリさせる演出。楽しいです~~(^o^)
d0179410_0323982.jpg
美味しいお料理をいただきながら
楽しいおしゃべりをいっぱいして‥(^-^)
ワインで酔っていたからか
何か夢のような出来事に思えました。

本当にすてきなところ・・(泣)
d0179410_0332420.jpg

またいつか
今度は私が家族や友人をつれて
このレストランに来たいな、と思いました。


アールド・パラダイス’t Aards Paradijs (要予約)
Merendreedorp 65, 9850 Nevele-Merendree
Tel: +32 (0)9 371 57 56
アクセス:ゲントから車で北西に約15km

営業時間: 木~土19:30~
       日 12:30~(ランチ)、 20:00~(ディナー)
     休:月~水、祝



ブログランキングに参加しています。
↓応援クリック、よかったらお願いいたします。

ツバメのマークをポチっと押していただけたら嬉しいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村も参加することに致しました。
コチラも↓よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました!!
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2012-06-14 22:14 | オランダ・ベルギー | Comments(2)

4日目ベルギー・領主さんのお庭

昔、お城(Beerveld城)があった、広い広いお庭です。
6世代目なのだそうです。
d0179410_1434663.jpg
まず目にした場所はウォールドキッチンガーデン
塀に囲まれた(かつては果樹園や野菜畑があった)お庭です。
ツルアジサイ(Hydrangea petiolaris )がちょうどきれい。
d0179410_1435146.jpg
↓領主さん手作りのインセクトホテル(左下)
鳥や虫が集まってくるそう~
セダムが這う屋根も何かかわいい(^。^)
d0179410_14364541.jpg
↓領主のRenaud de Kerchove さん。
50年間管理されているそうです。
近年は維持管理がたいへんだとかおっしゃってました。
(たぶん↑・・英語だったもので・・^_^;)
d0179410_14432174.jpg
まだセダムは紅葉してますね。
ベルギーはやっと暖かくなってきたのでしょう。

↓120年も経つコパービーチ(ヨーロッパブナ)(Fagus Sylvatica Atropurpurea)の木。
オランダやベルギーでは(イギリスでも)
このパープルの葉っぱはよく見かけるんです。
d0179410_15154810.jpg
この木があることで
景観のおしゃれ度がめっちゃ上がる気がしません?
日本では(東京なんてまったく)見かけませんね~~

広い庭園をどんどん歩きました^_^;
木々の間の日陰の庭にはアザレアシャクナゲの花も。
そしてパーッと目の前に広がるのは・・
d0179410_14381141.jpg
美しい水辺や
d0179410_14444838.jpg
美しいメドウ(^O^)/
d0179410_14391994.jpg
はあ~広すぎて、ため息!!(笑)
d0179410_14524110.jpg
・・すると、
多肉があるよ~~」って
aliceさんが教えてくれました。
ありがとう♪♪
d0179410_14461698.jpg
センペルビウム(Sempervivum)
コンクリ製の球に穴が空けられていました。
(これも、もしや領主さんの手作り?)

なんか、ほっとしました(^O^)



ブログランキングに参加しています。
↓応援クリック、よかったらお願いいたします。

ツバメのマークをポチっと押していただけたら嬉しいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村も参加することに致しました。
コチラも↓よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました!!
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2012-06-14 18:28 | オランダ・ベルギー | Comments(0)

4日目・オランダ→ベルギーLoverlijへ。

3日目に宿泊した、
Eindhoven(アイントホーフェン)のPullman Hotelです↓

こちらは1泊しかしなかったのですが
私の中では一番好きな感じのホテルでした。
(他の2つもとても良かったですけど)
d0179410_218270.jpg
レトロモダンというような
70年代を思い出させるような雰囲気、
部屋までの遠さを感じなくするよう?
考えられた演出(開き戸が自動、アートなど)
やられてしまいましたよ~~
・・ただ悔いはエスプレッソ。無料だったんですね(泣)

さて
4日目はアイントホーフェンからいよいよベルギーへ。
ブルージュ近郊のお庭を2つ巡りました。
最初のお庭は
loverlij(ロヴェライ)というB&Bのお庭です。
d0179410_2263735.jpg
フランスのパルテール式
(図案を描くような装飾花壇)を取り入れた、バラのお庭です。
バラはこれからでちょっと残念!
でもすてきでしたよ~~
d0179410_2424921.jpg

d0179410_1275843.jpg

d0179410_12103841.jpg
↓明るい色のスタンダード仕立ての木はアメリカキササゲ(Catalpa bignonioides)です。
15Mくらいになる樹も
スタンダード仕立てにしちゃえばかわいいですね(^。^)
d0179410_1212244.jpg
トピアリーや装飾ヘッジ、生垣には
細かい葉のイングリッシュBox woodと呼ばれるセイヨウツゲ(Buxus sempervirens)、
それより少し大きいセイヨウシデ(Carpinus betulus
)や
ハリハリした、ユーツリーと呼ばれるセイヨウイチイ(Taxus baccata)
などで作られています。
私も作ってみたいなあ~。
d0179410_12555349.jpg
右上の方がオーナーさん。
オープンガーデンの2週間前に
生垣をカットする職人さんが4人入るそうですが
あとはご自分で管理されるそうですよ~!
d0179410_12253950.jpg

d0179410_12272320.jpg

d0179410_12335145.jpg
loverlijのB&BのHPはこちらです。
よかったらご覧くださいね。


ブログランキングに参加しています。
↓応援クリック、よかったらお願いいたします。

ツバメのマークをポチっと押していただけたら嬉しいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村も参加することに致しました。
コチラも↓よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました!!
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2012-06-14 07:15 | オランダ・ベルギー | Comments(0)

オランダ3日目・フロリアード

3日目は
オランダで10年に一度行われる
国際園芸博覧会、
FLORIADEへ行ってまいりました~(^O^)

ゴンドラから望む、広~い会場です↓
d0179410_18363064.jpg

ショウガーデン。↓とても
植物の組み合わせの勉強になります。

右上:黄色のカレックスイポメアはシャープな印象を与えるようです。
d0179410_223935.jpg
左下:隣の同士の形に注目!
ストラクチュアルプランツ、ラインプランツ、
ボタンプランツ、スクリーンプランツ
・・などという呼ばれ方を意識してみると
また面白いですね~~

この季節ならではの花、アリウム(Allium giganteum)が
会場の至る所に植えられておりました。
アリウム好きにはたまりません(^O^)
d0179410_1925058.jpg
美しいレイヤードプランティング~~♪
d0179410_19112972.jpg
大胆なランドスケープ・アーキテクチャー
d0179410_22421276.jpg
↑こんなナチュラルなガーデンが地元の駅前に
あったら素敵なんだけどな・・と、ふと思いました(^。^)
d0179410_22233030.jpg
セイヨウノコギリソウ(Achillea millefolium)が
ヨーロッパでは本当にきれいに見えるんです。
上から4番目の写真は黄色、上↑のは赤系のアキレア。

↓この黄色い花はなんでしょうね~??きれい過ぎる・・
d0179410_22165292.jpg
↓あーーこういう雰囲気、すきすき~~(*^。^*)
d0179410_22251059.jpg
鳥さんたちのパフォーマンス、とっても楽しかった~~
まねしたいと思いました。←ハイ。昔、演劇部だったんで・・(笑)
d0179410_2334620.jpg
ヤナギ(Salix)のスタンダード仕立て。
これからきれいな葉っぱが出てくるのでしょうね!
それにしても
オランダってスタンダード仕立てが多いんです。
d0179410_2340855.jpg
↓木に腹巻?いや、お洋服を着せてあったり・・
フロリアードは面白くて
とーっても勉強になりました~~
d0179410_02880.jpg
あっ!そうですそうです。
今日の吉谷桂子先生のファッション(^^)
素敵ですね~~
d0179410_0114957.jpg

ブログランキングに参加しています。
↓応援クリック、よかったらお願いいたします。

ツバメのマークをポチっと押していただけたら嬉しいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村も参加することに致しました。
コチラも↓よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました!!
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2012-06-13 18:31 | オランダ・ベルギー | Comments(6)

オランダ2日目・pietさんのお庭

まずは本日の(^。^)
吉谷桂子先生のファッションをごらんください~
d0179410_4432715.jpg
(^^)
今日は・・
とーっても楽しみにしていた
Piet Oudolf さんのご自宅のお庭に
うかがいました(^O^)/
d0179410_4445580.jpg

d0179410_12452350.jpg
Piet Oudolfさんとは
ガーデンデザインにおいて21世紀No1!ともいえる
今、もっともトレンディなお庭を作られる
ガーデンデザイナー(というよりアーティスト)なのです。 
↓お宅の中も見させていただきました。
d0179410_721335.jpg

昨年イギリスで訪れた、
言葉に表せないほど感動したお庭「BURY COURT」・・
そちらをデザインされたのがPiet Oudolfさんなのです。
d0179410_12362462.jpg

植物のフォルム・テクスチャー・色にこだわり
草花を組み合わせることでおりなす世界は
なんて美しいのでしょう!
d0179410_12392656.jpg

d0179410_12414130.jpg

昨年の感動がよみがえりました。
d0179410_12485877.jpg

d0179410_12522269.jpg

d0179410_12572129.jpg
この後、
ディスカスという温室の中の
おしゃれなレストランでオランダ料理をいただき
シンゲルの花市場、
美術館巡りをしました。
その様子を
まだまだアップしたいのですが
なぜかものすごく時間がかかります・・
また後日、詳しく載せますね^^;

ブログランキングに参加しています。
↓応援クリック、よかったらお願いいたします。

ツバメのマークをポチっと押していただけたら嬉しいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村も参加することに致しました。
コチラも↓よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました!!
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2012-06-10 05:00 | オランダ・ベルギー | Comments(5)

オランダ着きました!6/7

吉谷桂子先生と行く
「オランダベルギーの花と美食と
ライフスタイル探求の旅7日間」
   ↑ ↑
こちらをクリックされると7日間の旅がごらんになれます。

第一日目です!

成田(10:40発)から、KLM(オランダ航空)で
11時間25分かかって(汗)
アムステルダムに(14:48)到着!
意外と暖かかくて(18度くらい)ほっとしました~^^;
d0179410_336211.jpg
バスでホテルへ・・。
モーベンピック・ホテル・アムステルダム・シティセンター
こちらで2泊します。

↓到着するとまもなく
前泊された吉谷先生と沼尻さんがみえました(^。^)
「みなさん、よろしくお願いいたします。」
d0179410_338865.jpg
レトロモダンなお部屋です♪
荷物を整理して、ロビーに17時半集合。
皆さんとお散歩へ行きました!
(日本時間だと0時半!まだまだテンション高め。笑)
d0179410_340449.jpg
トラム(路面電車)に乗りダム広場へ。
↓右の建物は王宮
17世紀に市庁舎として建てられた建物だそうです。
d0179410_3424436.jpg
↓アムステルダムの街。
自転車に乗っている人がとても多いんです。
自転車優先だから、気をつけないと危ないです^^;

スーパーでお買い物して
(ナッツや杏を買いすぎてしまいました・・)
アムステルダム中央駅を見学し~
トラムに乗って
早めにホテルへ戻りました。
d0179410_34482.jpg
ホテルのすぐ横が運河で
窓からは大きな客船が見えるんです(^^)
その船が↓出航するのが見えました。
d0179410_34548100.jpg

現在、21時半。日本時間だと4時半?
まだ不思議と眠くないんです。
でもさすがに寝ないと~~~


ブログランキングに参加しています。
↓応援クリック、よかったらお願いいたします。
ツバメのマークをぽちっと!
ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓よろしくお願いいたします。

ツバメのマークをポチっと押していただけたら嬉しいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村も参加することに致しました。
コチラも↓よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ありがとうございました!!
daisy & bee
by daisy-and-bee | 2012-06-08 04:30 | オランダ・ベルギー | Comments(6)